Webマーケティングの仕事内容【現役マーケターが解説】

  • URLをコピーしました!

※この記事にはPRを含む場合があります。

Webマーケティング業界を目指したいけど、具体的な仕事内容がイメージできない…

こんなお悩みについて解説していきます!

✅本記事の内容
  • Webマーケティングの仕事・職種について
  • 未経験からWebマーケティング業界に挑戦する方法

本記事を書いている私はWebマーケター6年目です。
これまで50社以上のマーケティングに携わってきた私が、仕事内容について解説します!

参考にしてほしい人
  • これからWebマーケティング
  • Webマーケティング業界への就職・転職を検討している人
  • 就職・転職を検討しているが、職種に悩んでいる人

このような方にとって、参考になると思います!

マーケティングのスキルを身に付けると、転職や独立で有利に働き、キャリアの選択肢が広がります
会社に縛られず自由に働きたい人にとって超おすすめな職種です!

目次

【前提】Webマーケティングとは?

ざっくりまとめると、「WebやSNS上で商品やサービスが売れる仕組みを作ること」ことです。

例えば、以下のような活動もWebマーケティング施策の一つです。

①メンズアパレルショップの事例

通販での売り上げを伸ばす為に、GoogleやYahoo広告を活用して、見込み顧客に広告を配信する。

②ラーメン屋の事例

来客数を伸ばすために、Instagramでクーポンの配布や新作メニューの発信をして、お店の認知度を高める。

参考例のように、WebやSNSを活用して商品・サービスが売れるようにするための活動のことを指します。

Webマーケティングの職種一覧

Webマーケティングと言っても仕事内容は多岐に渡りますが、主要な職種としては以下の通りです。

Webマーケティング職種5選
  • Web広告運用者
  • SNSマーケター
  • SEOマーケター
  • CRM職
  • Webディレクター

それぞれ解説していきます!

Web広告運用者

Web上で集客のために使用するGoogle・Yahoo広告を運用する仕事です。

広告運用の仕事内容
  • 戦略設計
  • 広告アカウントの設計、広告入稿
  • データ分析、仮設立て
  • 改善実施、仮説の検証
  • クライアント対応(結果報告)

簡単にまとめると、PDCAサイクルを回しながらWeb広告を運用してパフォーマンスの最大化を目指すことが、広告う入社の最大のミッションになります!

PDCAとは、計画から改善までを1つのサイクルとして行い、効率化を目指します。
┗Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Action(改善)

SNSマーケター

SNSを活用して売上を拡大させるための施策を実行する仕事です。

集客で活用される主要なSNS
  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • TikTok
  • Youtube


上記のような媒体を活用しながら、企業のサービスや商品を宣伝するための集客施策を立てます。
また新規の集客だけでなく、SNSを通して既存顧客との関係値を構築することも、SNSマーケターの重要な業務です。

SEOコンサルタント

検索エンジンでの掲載順位を向上させ、サイトへの訪問者数を増加させることを目的とする仕事です。

具体的には以下のような業務に取り組みます。

仕事内容
  • クライアントの商品・サービスを把握する
  • 競合や市場を調査する
  • ①、②を前提に、サイトの改善提案および実行
  • 各種数値の集計・分析およびクライアントへの報告
  • 結果を踏まえて、改善の実行を繰り返す

サイトの改善提案を行う際には、検索エンジンで上位掲載されるノウハウが前提スキルとして求められるため、事前に習得しておく必要があります。

CRM担当

CRMとは、Customer Relationship Management(顧客関係管理)の略で、既存顧客の満足度向上やリピート率向上を目指すポジションになります。

具体的に行う業務としては以下の通りです。

CRM担当の仕事内容
  • 顧客管理システムの導入~運用管理
  • 既存顧客の状況分析(リピート率や休眠ユーザーの把握)
  • 既存顧客からの売上増加に繋がる施策すべてを管轄
    ┗(例)メルマガやLINE、SNSを通じた既存顧客とのコミュニケーションなど

また広告運用担当者やSNSマーケターなど、他のポジションとも連携を取りながら、顧客との関係値向上を推進していくことが求められます。

Webディレクター

Webサイトの制作において、全体を管理する総監督の立ち位置を担います。

デザイナーやライター、クライアントなどと連携しながら、スムーズにサイト制作が進むように促すポジションです。

関係各所との連携が求められるポジションになるため、高いコミュニケーション能力が求められます。

Webマーケティング業界に向いている人の特徴

結論、向いている人は以下の通りです。

・論理的な思考を持つ人
・常に学び続けられる人

稼ぎたい人

ざっくりまとめると、仕事に対して向上心を持って前のめりに取り組める人が向いています。

Webマーケティング業界が向いている人の特徴について、「【徹底解説】Webマーケター向いている人の特徴」で詳しく解説しているので、気になる方は是非参考にしてみてください!

未経験からWebマーケティング業界に挑戦する方法

Webマーケティングの業界で仕事をするには、難しいスキルも必要になりそだけど、未経験からでもチャレンジできるの?

という方へ向けて、2つの方法を紹介します!

Webマーケティング業界に就職・転職する方法
  • 未経験OKの求人にチャレンジする
  • スクールでスキルを習得する

それぞれ解説していきます!

未経験OKの求人に応募する

まずは転職エージェントに相談をして、求人情報を確認してみるのがお勧め!

Webマーケティング業界で働いている人は市場価値が高い傾向にあり、転職や独立が活発で、人の流動が激しいです。
そのため、タイミングによっては、未経験OKの求人が掲載されていることも珍しくありません。

未経験OKの求人に挑戦するメリット/デメリットは下記の通りです。

メリット
  • 稼ぎながらスキルも磨ける
  • 実践で経験でき成長スピードが早い
  • 会社内での部署異動で、複数のポジションを経験できる
デメリット
  • 能動的に動けないと、良い仕事は任せてもらえない
  • ハードワークが想定される

Webマーケティング業界の求人を探すなら以下のエージェントがお勧めです!

おすすめ転職エージェント

スクールでスキルを習得する

スクールで学ぶ一番のメリットは、現役のWebマーケティング業界のプロから手厚くサポートしてもらえることです。

また転職サポートが含まれているスクールもあるため、現状のスキルでは転職が難しい人にとっては大きなメリットになります。

メリット
  • 現役のプロ講師が教えてくれるため、未経験でも学びやすい
  • スクールのサポート体制によっては、転職が狙いやすい
  • 同じ境遇の人とも繋がれる為、切磋琢磨できる
デメリット
  • お金がかかる
  • 会社員としての働き方と比べると実践での経験値がやや少ない

着実にスキルを身につけてから、Webマーケティング業界にチャレンジしたい人はスクールで習得するのがお勧め!

随時無料相談を募集しているスクールもあるので、気になる方は気軽に相談してみましょう!

【まとめ】Webマーケティングの仕事内容

この記事では、Webマーケティング業界の仕事内容について紹介しました。

主な職種は以下の通りです。

まとめ
  • Web広告運用者
  • SEOマーケター
  • CRM担当
  • Webディレクター

Webマーケティング業界で実績を積めば、フリーランスとして自由に働くことも可能です。

もし独立を視野に入れて転職する場合は、「Webディレクター×広告運用者」などといった形で、複数のスキルを掛け合わせて習得できると、独立後の成功率が高まります!

時間や場所に縛られずに自由に働きたい方には特におすすめの業界です。

Webマーケティング業界の将来性が気になる方は、コチラの記事も参考にしてみてください!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次